自律神経失調症「梅雨はツライですね。」

雨が降ると、頭痛・めまい・耳鳴り・首肩こり・腰痛・腹痛など

症状が出やすくなりますよね。

以前の私は、目がぐるぐる回り始め、頭痛がガンガンしてしまい、

早くあの青空になってと願いながらうずくまっていました。

近年、雨が激しく降ることが多くなっている気がします。

異常気象なのでしょうか?

そうなると、雨でダメージを受けやすい女性にはツライ日が増えてしまいますね。

私は克服できたので、雨のせい!梅雨のせい!台風のせい!

だから仕方ないと諦めるのは早いです。対処方法はあります。

もうすぐやってくる梅雨について、先に対策をまとめていきますね。

中医学では梅雨のことを高温多湿(むしむしと暑い)「長夏」と呼びます。

高温多湿は胃腸に影響を及ぼし、体に「痰湿」を生みます。

※痰湿とは、

水分代謝が上手くいかず水分が停滞し、不要な物質が溜まっている状態です 。

この時期ダルい・憂鬱・体が重い・やる気がしない……など、いわゆる「梅雨ダル」を実感している人が、6割もいるそうです。

さらに、自覚症状のない人でも、3人に1人は実は体調に変化が起きている「隠れ梅雨ダル」の可能性。

梅雨になるとなぜ体調を崩すのでしょうか。

西洋医学では、湿度が高いことによる自律神経の乱れが原因とされています。

中医学の考えも西洋医学と近いのですが、湿気による『湿』が体に入ってきて滞ってしまうのが原因と考えられます。

中医学では季節を『春』『梅雨』『夏』『秋』『冬』の5つに分けて考えます。

その季節ごとに、気をつけたい体の5つの部位(五臓)と、邪気があります。

邪気とは「風」「寒」「暑」「湿」「燥」「火」の6つで、

自然界で起こる湿気や乾燥、暑さのことです。

梅雨どきは湿が邪気になります。

弱りやすいのは五臓のうち胃腸になります。

体は「気」「血」「水」の3つのバランスが大切です。

これら3つはセットで、どれかが滞ると、残りの2つも滞ってしまいます。

梅雨どきは体内の水の巡りが悪くなることで、残りの2つの巡りがります。

そのため、気がふさいで鬱々としたり、

血の巡りが悪くなり栄養が全身に行き渡らず、不調や倦怠感が出やすくなったりします。

これらは中高年以上の女性に現れやすいと言われています。

胃腸は消化機能との関わりが深く、湿を嫌う性質があります。

湿が体内に入り込むと、水分過多になり、水分代謝が乱れて、むくみやすくなってしまいます。

体の中の余分な水分で冷えてしまうため、

冷えは万病の元ですね。

冷えから不調が起きやすくなります。

なぜ、むくみやすいのでしょうか?

日ごろの運動量の低下から、筋肉量が減っているため、代謝も落ちがちであることが原因です。

びっくりしますが、ふくらはぎには、血液を戻す作用はないんです。

歩くことがポンプの役割になります。

でも、座るパソコン作業が多くなっている現代は、むくみやすい状態になっています。

そのため、体の中の水分を十分に排出できないのです。

梅雨の養生ポイント:「利湿健脾」

むくみを改善することがポイントになります。

*適当な運動をしましょう。 汗をかく事で体内の水分代謝を促進

・・・ウォーキング、スクワット、ストレッチなど

*水分はチョビチョビ飲みにする

・・・1回の水分量は150ccほどにしてください。

一度にたくさん飲むと、腎臓が処理できなくて溢れてしまいます。

*腹巻をしてください。

・・・胃腸や腎臓を温めてほしいです。

*冷たい物、甘い物、生もの、消化に良くない物や油・揚げ物を控えましょう。

・・・これらは全て身体を冷やしてしまいます。

*心配しすぎたり、思いつめたりしないように好きな活動をして、 気持ちを上げましょう

梅雨にお薦めの食材と漢方生薬

ポイントは、胃腸にやさしい食材、水分代謝を良くする食材です。

1.野菜類・・・山芋、さつま芋、トウモロコシ、キャベツ、人参、緑豆、小豆、昆布、

米、長芋、じゃがいも、いんげん、しいたけ、、牛蒡、大根、栗、玉ねぎ、蕎麦、生姜、小松菜、カブ、冬瓜など。

2、アジ、ひじき、シジミ、たら、いわし、すずき、かつお、さば

体にたまった余分な水分を排出するのに役立ちます。

3、はとむぎ、黒豆、小豆、空豆、金針菜、とうもろこしのひげ

体を温めることで体内の水分代謝を高め、湿気を汗として発散させるので、梅雨冷えのときにおすすめです。

4、 ねぎ、しょうが、三つ葉、みょうが、ししとう

香りのある食材は、体内の気の巡りをよくすることで、邪を追い払うと言われています。

5、 うど、ジャスミン茶、陳皮

一言で梅雨といっても、むし熱くじめじめした日の場合は、余分な熱をクールダウンさせながら、湿気を取り去りましょう。

6、 緑豆、豆腐、きゅうり、セロリ、そば

まとめ

もともとむくんでいる方が、この時期ツライ症状に悩まされることになります。

でも整体をしていると、ほとんどの女性にむくみがあります。

年齢を重ねると、筋肉量が落ち、新陳代謝も落ち、酵素も低下し、

どんどん水分を排泄しにくい体となってしまいます。

いかに、水はけのいい身体にするかが?

この時期を乗り越えるポイントとなります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

岡村志保

34年間の自律神経失調症から脱した岡村志保です。 16年間看護師をしていました。 現在は2人の育児をしながら、看護師+自分の経験を生かし、女性の悩みに特化した整体院を開業しております。 患者さんが苦痛から解放され、心温まり、自分らしく歩めるような治療を行うために、最高の治療と言葉を提供することをモットーとしています。