冷えは万病の元は本当だった

冷えを感じることが多いですよね。特に今の季節はツライですね。

私もかつては、体温が36℃台あればいいほうで、手と足先がいつも冷たく、夏でも靴下が手放せられませんでした。

今では、冷え対策をして、施術をすると「手が湯たんぽみたいですね」と言われるほどになりました。

時々、「足先冷たいと思ったことがなく、熱くて靴下脱いじゃいますが、冷え対策したほうがいいですか?」と聞かれます。

手と足先が冷たいことだけが冷え症ではないんです。

例えば、手と足先は温かいけど、体温は低い。

足先は冷たいけど、頭はのぼせやすい。

こういうのは冷え症になります。カラダの中で体温の差がある状況が冷え症となります。

自覚がないから分かりにくいですね。

冷えは不調の始まり

中国で伝わる中医学では、冷えは不調の始まりと考えられています。

冷えは、カラダの端の手や足の血管がぎゅと収縮して、皮膚への血液が不足している状態です。

そのため、血液の流れが悪くなります。

血液の流れが悪くなると、細胞に届けにくくなるため、貧血にもなります。

さらに低血圧も引き起こしてしまいます。

中医学では、病は冷えたところから入ってくるとも考えられ、不調の大元となってしまいます。

男性と違い筋肉が少ないため、熱を作ることが苦手です。

そして、脂肪はほとんど熱を作れないので、冷えてしまいます。

だからこそ、私は冬だけではなく、年中冷え対策が必要となってくると思います。

冷え対策は夏でも大切

最近は冷房も完備されているから、夏でも冷えてしまいますしね。

そして、夏の冷えが秋から冬に症状が出てくると言われています。

秋は雨や台風も多く、カラダの水分量が増えて、さらに冷えを助長させてしまいます。

冬は、本格的な寒さがやってくるため、夏の冷えプラスにダブルパンチですね。

冷えの代表は、生理トラブルなどの婦人科系です。

他には、カラダの水分のアンバランスから来る、頭痛・めまい・耳鳴り・胃腸トラブルなどが引き起こされます。

憂鬱・イライラ・クヨクヨなどの精神的不調も引き起こしてしまいます。

最近増えているのは、ストレスによる緊張型の冷えや、スマホやパソコンなどの電磁波冷えです。

分かりやすいチェックは、

  1. 顔がほてる・・・冷えのぼせの状態です。
  2. おへその下が冷えている・・・血がドロドロになって冷えています。
  3. ふくらはぎをつまむと痛みを感じる・・・水がたまり冷えています。

冷え対策の基本は頭寒足熱

首にマフラーをして、上にどんどん着込みやすいですが、逆です。足元を温めてください。

①5本指靴下

足指が1本ずつ温められるので、足先から冷えを改善できます。足の指は自律神経と深く関わっているので、1本ずつ温めることで、血流アップになります。

②靴下の重ね履き

私は夏は1枚・春秋は2枚・冬は温かいと思うまで重ね履きをします。足の冷えは全身に回ってしまいます。

お出かけの時には、靴によって調整をしますが、帰宅したら、足の冷えを取る為に、足浴をしたり、靴下を重ね履きして温めます。

③湯たんぽ

布団の中が寒いなと思い始めたら湯たんぽを使用します。私は昔ながらの大きな湯たんぽを使用しています。

寒いと布団の中でちじこまるため、首肩こり誘発し、眠りの質も低下してしまいます。

④足元を温める

パソコンや事務作業で机でじっとしている時は、足元からどんどん冷えてしまうため、遠赤外線の足湯機や毛布などで温めています。

今は小型のストーブも出ているので、こちらを使用してもいいですね。

⑤足の筋力アップ

ふくらはぎに血液を送る役割があるため、足の筋力が下がると血液のめぐりが悪くなります。

スクワットはどこでも行えるのでおススメです。

⑥足つぼ

足裏に老廃物がたまっていると、血液のめぐりが悪くなるため、足裏を棒んで押し流します。

⑦腹巻

私は年中付けています。胃腸が冷えると、子宮・腎臓まで冷えてしまうからです。

⑧遠赤外線シート

腹巻の中に遠赤外線シートを忍ばせています。

ホッカイロでもいいのですが、ホッカイロは異常にまでカラダを熱くしてしまい、カラダの中は熱い!と勘違いをして冷やそうとしてしまうため、私は自然な温かさの遠赤外線シートを使っています。

こちらは、腸を活性化し、永久的に使用でき経済的にもお得です。

⑨入浴

お風呂に、塩・自作の炭酸入浴剤・ヨモギなどを入れて入ります。

私は婦人科系が弱いため、ヨモギを入れて入浴することが多いです。

⑩食べ物 

今は、どんな食べ物でも1年中手に入るため、これは冷えるから今はやめようとかまで考えにくいです。

代表的に冷やす食べ物は、砂糖・パン・果物・ジュースです。糖質が多い食べ物ですね。これは、年中避けたい食べ物になります。

他は、冷たい飲み物、飲食店に行くと出されますが、私は基本飲みません。

どうしても喉が渇いている時は、口の中で温めてから飲むか、温かい飲み物を頼みます。

これは夏でも同じです。

まとめ

10個のポイントを挙げてみました。

冬だから冷え対策をしようではなく、毎日冷え取り対策が大切です。

この他にも、ヨモギ蒸し・岩盤浴・酵素風呂などにも行くこともいいと思います。

冷え知らずが健康美人への近道かなと思っています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

岡村志保

34年間の自律神経失調症から脱した岡村志保です。 16年間看護師をしていました。 現在は2人の育児をしながら、看護師+自分の経験を生かし、女性の悩みに特化した整体院を開業しております。 患者さんが苦痛から解放され、心温まり、自分らしく歩めるような治療を行うために、最高の治療と言葉を提供することをモットーとしています。